レンブラント 自画像。 深い闇をのぞいた男。光の魔術師「レンブラント」

レンブラントファンレインとはどんな人?生涯・年表まとめ【自画像や代表作品、絵画の特徴を紹介】

自画像 レンブラント 自画像 レンブラント

1656年 自己破産 1658年の自画像 52歳 自宅を競売に付される。 この当時の作品『アトリエにいる風景』にてレンブラントはに向かう自分の姿を描いているが、この時の衣裳は来客を迎えるであり、すでに美術愛好家たちがレンブラントと接触を持っていたことを示す。

3

レンブラントファンレインとはどんな人?生涯・年表まとめ【自画像や代表作品、絵画の特徴を紹介】

自画像 レンブラント 自画像 レンブラント

35歳のとき、4人目の子供ティトスが生まれ、この子だけが無事成長します。 そして自らにふさわしい豪邸を求め、ユダヤ人街になりつつあった ()(聖アントニウス広小路 )に、後にと呼ばれることになる邸宅を1639年に年賦支払いで購入し、ここで大きな規模の工房を主宰した。

16

レンブラント・ファン・レイン

自画像 レンブラント 自画像 レンブラント

1625年には、時期が判明している初の作品『聖ステバノの殉教(聖ステバノの石打)』を製作した。 その他の主要作品は『ニコラース・』(1632,),『』(1654,ルーブル美術館),『の帰宅』(1668~69頃,エルミタージュ美術館)。

《ゼウクシスとしての自画像》レンブラント・ファン・レイン|MUSEY[ミュージー]

自画像 レンブラント 自画像 レンブラント

さて改めて作品を観てみましょう。

19

アムステルダムでレンブラント「夜警」と初期作品鑑賞+レンブラント広場

自画像 レンブラント 自画像 レンブラント

蒐集したは、視認できるサイン「Rembrandt」(レンブラント)の前には、「attributed to」(…の所有物)も「school of」(…門下)も見えないとして、自身の意見を変えることはなかった。 そのため彼は、基本的に絵の研究をするためにこれら自画像を描いていた。 は同じような活動を行い、新たなカタログを発行する予定である。

12

レンブラントの生涯と作品

自画像 レンブラント 自画像 レンブラント

結婚からわずか半年ほどの悲劇です。 アムステルダムなど大都市では大商人や富裕な市民が生まれ財をなしていきました。

14

レンブラント自画像 西洋絵画美術館

自画像 レンブラント 自画像 レンブラント

画家がモデルを雇えない頃に自分をモデルに肖像画を描いたり、それを宣伝材料としていたとはよくあるのですが、レンブラントは容姿が衰える晩年まで自画像を描き続けました。

深い闇をのぞいた男。光の魔術師「レンブラント」

自画像 レンブラント 自画像 レンブラント

リーフェンスとは一時期共同で工房を持った。 1634年、サスキアと結婚。

18